現代社会においてはごく普通に使われているカードに関してですけれどもカードの仕組みとか詳細な内容などに関して完璧に把握してるというようなかたは、実際にはものすごく少ないのでは?というように考えていたりしているのです。そこで、当サイトにおいて、カードについてごく一般のひとにとっても理解しやすいようきっちりと説明するようにしていこうと思います。どういったケースであっても言えることですが知識がないよりも、知っておいたほうが有利です。そうしましたら只今から細かく説明をはじめていきます。そもそもこのカードは、おおざっぱにカテゴリ分けして2個の特徴があるのですが、ひとつは買い物の際に使用される支払機能です。これは普通の方も普通に使うと思います。カードにはいろいろな特典があるのが通常ですからそれを目的に切っている人もけっこうたくさんいます。また、これは決してお勧めできるものではありませんけれどもクレジットカードを使用してショッピングをする場合そういった支払というものは、普通はその翌月実施されるのです。こういった時間差といったものを計算して現在はキャッシュが手元にないけれども、そこですぐに支払がしておきたいというような際にカードが使われるのです。つまるところクレジットカードというものは、その人の支払能力を担保にして信用機関がお金を融通してるということと同じなのです。こういったことがもっと明白に現れてるのが第二の機能とされているキャッシングなんです。このキャッシング機能というのは、その呼び名のままでキャッシュを貸し付けてもらうといったことができるようになっているサービスのことです。つまりクレジットカードは、銀行などから貸し付けを受けるものであるという解釈になるわけです。