現金化を目的として電車等の旅券等を多量に購買すること>クレカのキャッシュ化サービスというもの使わずに、自ら現金化する目的でカードで購入することであっても同様です。現金に変えるのを狙っているクレジットカードの使用というのは、クレジットのルール違反になってしまうためだからです。複数枚の列車の回数券であったり切手購入等においてのクレジットカード利用は、運が悪いと換金が目的なのではないか、などという風に警戒されてしまう事例などがありますので注意することしたほうが良いでしょう。また、利用時にキャッシング利用枠というものが限度となってしまっている利用者の場合においては、チケットを購買しようとすることだけであってもクレジット会社の担当者からチェックが来てしまうこともあるため、金欠時のカード決済は出来ないようにされてしまうようです。お金に問題がある状況で頭をよぎることは多くの場合同じようなものなのです。カード発行会社の立場からみてよくない使用をする・・・過去に流行していた『永久期間』などカード発行会社にとって一つもプラスにならないようなルールに違反した決済を行った場合にはクレジットの会社の方から強制失効という処理がされてしまう事実すらあるのが現実です。Webで話題になったクレカポイントの不正入手といった多くの人には知られていないやり方が存在していてもこのような情報というものは全部クレジットの規約違反なのであるから何があっても行なってしまわないようにして頂きたい。強制没収となってしまった契約情報については他のカード会社へ知られる>クレカを没収させられてしまったとしても、違うカードであれば使えるのだから、一社くらい大丈夫のではないか??などと思っいる人は、昨今の情報化社会でその思考は身を滅ぼすことになる危険もある。その理由は、まず強制退会になるような状態となると、クレジットカードの発行会社各社が入手出来てしまう個人情報へあなたの内容が更新されるため事故を起こした人の信用力は大幅に下る事例もあるからです。所有しているたったひとつであってもカードを強制退会扱いになると以後クレジットまでも契約できなくなってしまうようですし、さらに今所持しているクレジットさえも没収となる事例もなくはないでしょう。幸運にもそのまま使用できる場合も有効期限切れとともに継続できなくなることもあり得ます。くどいほど言っていますが没収という処理がされてしまう利用は何があってもなさることのないよう健全に使用して頂きたいと思います。